鍼灸について

 

 

東洋医学の考え方

 

 私たちが日頃、目にしたり聞いたことがある「漢方」「生薬」「鍼灸」「按摩」「薬膳」などは、日本では総称して「東洋医学」として多くの方に親しまれ、利用されています。元は中国発祥の「中医学」です。この中医学は、さまざまな哲学的思想がベースとなって発展を遂げてきました。中でも「陰陽学説」と「五行学説」は、優れた学説として中医学の中心的存在となっています。

 「陰陽学説」とは、自然界に存在するすべてのものを「陰」と「陽」の2つに分類する考え方です。これは私たちの日常において、何気なく使っていたり、持っているイメージに通じるものがあります。例えば、1日は明るい昼と暗い夜があり、人の性格では「陰気」「陽気」という言葉を使います。どちらがいい、悪いということではなく、陰があるから陽があり、陽があるからこそ陰が存在します。この「調和」が大切な考え方のひとつとなっています。

 「五行学説」とは、「木・火・土・金・水」の5つの物質(材)に分類し、それぞれの物質が持つ性質を人の臓腑にあてはめ、
そのバランスが崩れると病気になるという考え方です。

五行学説における相関図

 それぞれの臓腑は、「相生(そうせい)」と「相克(そうこく)」の関係で成り立っています。
相生は、木→火→土→金→水→木・・・の順でそれぞれが次の物質を生み出すとされ、母子の関係ともいわれています。
相克とは相手が過剰に働きすぎないように抑制・コントロールをすることです。このバランスを保つことが健康な状態。

 東洋医学における鍼灸治療は、過剰になりすぎているものを抑え、または弱まっているものを賦活させて、本来のバランスを取り戻すという方法を治療の1つとしています。
また、「○○病」という診断名が付く前段階、病気になる前の、いわゆる未病を防ぐのも、東洋医学ならでは。
身体の根本から整え、健康な状態に導きます。

 

 

 

鍼灸とは

 

 鍼灸(しんきゅう・はりきゅう)とは、身体に鍼や灸を用いてさまざまな疾病の治癒や健康増進を目的とする医療技術です。鍼灸を治療に用いることができるのは、国家資格である「はり師」「きゅう師」と医師のみに限定されています。
鍼や灸の刺激によって、身体にはいろいろな反射や反応が起こり、神経系、内分泌系、免疫系に作用して、その結果として血液循環がよくなったり、
筋肉のこわばりや痛みが緩和したり、免疫力がアップするなどといった効果が期待できます。古代中国から発祥した治療法ですが、
日本では独自の発展を遂げ、今日では世界的に認知度が高まり、有効な治療法として活用され、またさまざまな機関でその効果について研究されています。

WHO(世界保健機関)では、次に挙げる疾患について鍼灸治療の有効性を認めています。

【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・筋肉痛・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
【運動器系】
関節炎・リウマチ・頸肩腕症候群・頸肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫)・各種スポーツ障害等
【循環器系】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系】
気管支炎・喘息・風邪および予防等
【消化器系】
胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾・口内炎等
【内分泌系】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
【泌尿器系】
腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・前立腺肥大・陰萎等
【婦人科系】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・のぼせ・つわり・血の道・不妊症等
【耳鼻咽喉科系】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエール病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎・声枯れ等
【眼科系】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
【小児科系】
小児神経症(夜泣き・疳の虫・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等
【皮膚科系】
蕁麻疹・しもやけ・ヘルペス・おでき等
【アレルギー】
気管支喘息・アレルギー性鼻炎・眼炎等

 

 

 

Luna cureの鍼灸治療

 

鍼治療

 Luna cureでは、問診の結果から治療内容をお伝えして、患者様の合意の上で治療を進めています。
鍼やお灸は決して苦痛を伴うものではありませんが、イメージ的に「鍼は痛い」「お灸は熱い」と思われがちです。
初めての患者様には、どのようなものかを丁寧に説明した上で施術をいたします。ほとんどの方は、実際に鍼をうってみると「ぜんぜん痛くないですね!」と言ってくださいますので、そのまま継続して鍼灸治療を行いますが、どうしても苦手という方には、刺さない鍼を使っての治療も行いますのでご安心ください。

 

 

 

 

 

ページトップへ ↑