アロマテラピーについて

 

 

アロマテラピーとは

 

「アロマテラピー」という言葉を聞いて、みなさんは何をイメージするでしょうか。
最近では、私たちの身の回りのあらゆるものに「アロマ」という言葉が用いられ、「いい香りがするもの」としてイメージされる方が多いのではないでしょうか。 「アロマ」は「芳香」という意味であり、アロマテラピーで用いるのは、さまざまな植物から抽出した「精油」と呼ばれる香り成分を含んだ油です。そして、「テラピー(またはセラピー)」は「療法」という意味です。「アロマテラピー」という言葉そのものは造語で、20世紀のはじめにフランスの化学者が、自身が負った火傷の手当にラベンダー精油を用いたところ、驚く程の回復をみせたことから、以降その化学者の研究によって名付けられたものです。
この植物がもつカラダに対する効果は、ずっと遠い昔から認められていました。現代のように薬がない時代は、薬草やハーブといった植物療法が治療の中心でした。現代医学や薬学は、植物療法がベースとなり、アロマテラピーと共に歴史が刻まれてきたといってもいいでしょう。現在でもフランスでは、医師により精油が処方されています。

アロマテラピーは、単に香りを楽しむだけではなく、その香り成分がもつさまざまな効果によって、心身のバランスを整え、美容や健康の維持増進に役立てることが期待できます。

 

 

精油の作用

 

さまざまな植物から抽出した香り成分を「精油」といいます。この精油は天然の有機化合物で、精油によっては数十種から数百種の化学組成で構成されているものがあります。植物ひとつひとつに独自の成分が含まれ、その働きもさまざまです。香りも植物によって異なり、いろいろな作用が生まれます。

鎮静作用高ぶった神経を鎮め、心身をリラックスさせる作用
鎮痛作用痛みを和らげる作用
鎮痙作用筋肉の緊張を緩める作用
消化・食欲増進作用胃腸の消化活動を活発にし、食欲を増進させる作用
ホルモン調整作用ホルモンの分泌を調整する作用
強壮作用身体の各部また全身の働きを活性化し強化させる作用
免疫賦活作用免疫の働きを活性化させる作用
利尿作用尿の排泄を促進させる作用
殺菌作用細菌を殺す作用
抗菌作用細菌の増殖を抑える作用
抗ウイルス作用ウイルスの増殖を抑える作用

上記以外にも、精油にはさまざまな作用があります。アロマテラピーのケアは、その日の体調、状態によって2〜3種類の精油をブレンドし、心身の状態を整えていきます。

 

 

 

 

 

ページトップへ ↑